歯科医院でむし歯の治療をしている母の姿を見て、治療は時間がかかっても完治するまで続けた方がいいと感じた。

むし歯の原因が歯並びならば歯科で相談
むし歯の原因が歯並びならば歯科で相談

歯科においてむし歯を治療している私の母の話

私はむし歯にかかったことがあります。
歯科医院で無事に治療が終わり、今のところ状態は落ち着いています。
食事をしているときに痛みを感じることもなく、美味しく楽しく食事をすることが出来ています。
一方、私の母は最近、歯が痛むとことで歯科医院に通っています。
私は直接、その場にいるわけではないので母から話を聞くだけなのですが、どうやら母もむし歯にかかっていたようです。
しかもそれを長い間、放置していたため悪化したそうです。
そして、歯を抜かなくてはいけない状況になったそうです。
母は無事に歯を抜くことが終わり、治療はひとまず終了したそうです。
私が感じたのはむし歯を放置しておくと歯を抜かなくてはならない状況にまでなってしまう恐ろしさです。

母の話を聞くと20年くらい前にむし歯の治療をしていたそうです。

しかし、引越しなどがあり治療が途中になったままで、その後を過ごしていたとのことです。
そして、ある日突然に歯に激痛が走ったそうです。
そのために歯科医院に通ったという経緯なのですが、その際に治療の途中になっていたむし歯が悪化していたことが分かったとのことでした。
この話から、むし歯に限らず病気などの治療は完治するまで続ける方が良いということが分かりました。
通院が長引くと医療費が自然と高くなり家計の負担になってきます。

しかし、そこで放置して悪化してしまったら一層の多大な医療費がかかってしまう可能性があります。
そうならないためにも治療は完治するまで続けるのが良いと私は考えています。
オススメのサイト